FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『アステリズム』レビュー

astraythem_pack.jpg
タイトル:アステリズム
ブランド:チュアブルソフト
評価:72点
※評価についてはコチラをご参照下さい。

チュアブルソフトの姉ゲーですね。新作までにギリギリ間に合った形です。
昨日攻略いたしましたので、サクサクレビューを書いていきます。
※この記事にはネタバレがございますので、ご注意下さい。



■前置き
真の主人公はお兄ちゃん
今作の主人公は3章のお兄ちゃんです。決して1章・2章の白雲君ではないです。
やはりお兄ちゃんの作った状況をなぞっただけの白雲君よりも、命を賭して未来に託したお兄ちゃんの方に感情移入してしまい、よくよく考えると壮大なNTRゲーに見えなくも無いです。
終わり方としては綺麗な純愛物語として完結してはいるのですが、若干納得し難い部分もあります。

キャラは皆魅力的で大変可愛らしいですね。姉さん可愛い、くーりん可愛い、美々ちゃん可愛い。
加えてえっちシーンにもかなり力が入っており、尺や実用性も十分です。

後はシステム面で気になった点としてはやはりシナリオのテンポを殺す強制オートでしょうね。
結構オート部分のテキストが長く、飛ばすことも何も出来ないのでかなりイライラしました。正直ADVにおいての強制オートの意味が分からないので、個人的にはデメリットにしかならないです。

キャラが良い分他がもっと良くなったのではないかな、といった印象ですね。

①シナリオ・テキスト ≪70点≫
※あらすじに関しては公式サイトをご覧下さい。

病気で死亡してしまう姉の運命を変える為、過去へタイムトラベルするお話ですね。FLATのatledと世界観を共通する作品です。

今作は全3章+エピローグの構成で、1章・2章・エピローグの主人公と3章の主人公が厳密には異なります。当ブログでは前書きに習い、前者を白雲君、後者をお兄ちゃんと呼称します。また両者のどちらでもない主人公を白雲と呼び捨てにします。

とりあえず私自身の整理も踏まえて、簡単なシナリオの流れを記載します。プレイ済みの方を対象に記載しますので、未プレイの方は意味不明かと思われます。

astraythem_ss.jpg
フロー画像です。まあとても分かりにくいですが、よく見れば大体の流れは把握できます。


・1章
ラストで姉さんを救えなかった白雲君が、その発端となった事故を回避し姉さんを救う為に過去へ飛びます。[C-3・現代]

・2章
うまく事故を回避することに成功した白雲君は、現代へと戻ります。[C-4・1999年]

・3章
ここから結構複雑化し、白雲君とは別の時空の主人公、お兄ちゃんへと視点が移ります。
主人公がタイムトラベルを繰り返したせいで、時空が無数に分岐した為、別の時空の似たような世界ができてしまいました。
過去や未来へとんだとしても、別の時空の過去・未来に到達してしまうことが判明しました。所謂多世界解釈ですね。
お兄ちゃんは白雲君と同じく過去へ飛び、姉を救うことに成功して現代へと戻ってきます。
現代に戻ってきたお兄ちゃんですが、そこでは元々この世界にいた白雲が成長し、姉さんと仲良く暮らしていました。
大元の死亡原因がなくなってしまったため、この世界の白雲は過去へ飛ぶことも無いので、こういう状況になっています。[C-2・現代]

それとは別に、博士の妻、音々さんを震災の事故から救う為、お兄ちゃんは更に過去へと飛びます。
そこで震災時の歴史を大きく変えようとしてしまった為、本来震災に巻き込まれなかったはずの姉さんが巻き込まれてしまいます。
命を賭して姉さんと音々さん、博士を震災から救ったお兄ちゃんは未来をこの世界の主人公、白雲君に託し、津波に飲まれて死亡します。[C-3・1996年]

・エピローグ
元々この世界にいた白雲と、2章で丁度現代に戻ってきた白雲君とが博士の計らいにより統合します。
本来であれば3章冒頭のように主人公が二人になってしまうはずでしたが、統合したことによりそれは回避されました。
そして姉さんと主人公はハッピーエンドを迎える、といったお話ですね。[C-4・現代]


書いてみて思いました。すんごい分かりにくくて申し訳ないですが、私の語彙力だとこれが限界です。
まあフローとにらめっこしてください。フローのA・B・Dはとりあえず見なくても大丈夫です。
時系列的に言えば 3章→1章→2章→エピローグ ですね。

つまり真の功労者はお兄ちゃんであり、白雲君はそれをなぞっただけに過ぎません。
方や姉さんの為に手を尽くして志半ばで命を落とし、方や美々ちゃんやくーりんを味見して現代に戻ってきたら色々解決してて姉さんとハッピーエンドを迎えました、じゃお兄ちゃんが報われなさ過ぎます。お兄ちゃん視点から見ると壮大なNTRゲーですね。
正直多世界にするのではなく単一世界にすれば、もっと綺麗な形で纏まった可能性があるだけに、惜しいといったところです。
まあatledとのコラボの都合もあるので、設定を変えるのは難しいとは思いますけれどもね。

とまあ不満タラタラではありますが、事情を知るまでの1章・2章は大変面白かったですし、3章は多少理解に戸惑うところはあれど、伏線が回収されていく様子やお兄ちゃんのかっこよさなど、見所はたくさんあります。
プレイ中やプレイ直後はさほど気にはなりませんでしたが、しっかりと考察していくうちに評価が変わってしまった珍しい作品と言えるでしょう。

3章の出来を考えるならば80点代を付けたいところなのですが、いかんせん全体を通して見ると甘い部分が目立ったため、この点数に落ち着きました。

②キャラクタ・声優 ≪83点≫
順位:姉さん>くーりん>美々ちゃん

桜塚名月 CV:小春原映花 ≪95点≫
姉さんです。アグミオンです。時代によって三種類の姉さんが楽しめます。
過去の事故がきっかけで命を落としてしまいます。今作は彼女を救う為のお話ですね。

どの時代の姉さんも各々魅力があって素晴らしいです。
年齢を感じさせないどことなく抜けてる眼鏡成分多めな姉さん、猪突猛進で活発な若姉さん、この歳でアナル捧げましたなロリ姉さん等、ユーザーのニーズに余すことなく対応しております。正直眼鏡はいらないですけど。
まあ実姉だったらもっと良かったのかもしれませんが、義姉だからこそ見えてくる魅力というものがあります。姉キャラとしてはかなり好みの部類ですね。

気になった点としては、やはり死亡理由でしょうか。傷口から入った汚水が原因で10年後に死亡というのもちょっと無理がありますし、発症してから死亡までのスパンが短すぎるかなぁと。過去に飛ぶ作品である以上、事故死だと無理でしょうし、必然的に病死にする必要があるのは分かるのですが、この辺りはもう少ししっかりとした理由にできたのではないかなと。
日常をもう少し削り、伏線等に回した方がもっと納得できる形になったとは思います。

後はエピローグがあっさりすぎますね。まあ白雲君が何もしてないというのはこの際置いておいたとしても、もう少しいちゃいちゃなりお互いの心情なり何なり書きようがあったはずなのに、一言で終わったのもなんだかなーと。
まあこれくらいあっさりの方が逆に良いのかもしれませんが、個人的には物足りないエピローグ、といった感じですね。

astraythem_ss2.jpg
裸エプロンが無かったのが痛い

astraythem_ss3.jpg
この姉さん結構幼く見えます

astraythem_ss4.jpg
料理スキルも充実してます

astraythem_ss5.jpg
メイド!

astraythem_ss6.jpg
スク水!

astraythem_ss7.jpg
やはりお兄ちゃんこそ主人公

加々見美々 CV:鈴田美夜子 ≪70点≫
白雲君にヤリ捨てられる可哀想な子です。実は博士の娘だったりします。大分クド寄りの鈴田美夜子なので、プレイしている最中にクドに見えて仕方がありませんでした。わふー>ω<

主人公と付き合いだしてからは結構大胆で、主人公と添い遂げる為だったら身体まで差し出しちゃいます。ヤリ捨てられた後でも白雲君を恨むことなく想い続けている、大変健気な子ですね。
エピローグの親子水入らずの仲むつまじいシーンがかなり良かったですね。間接的ではありますが彼女を救ったお兄ちゃんはさすがです。

astraythem_ss8.jpg
イルカちょっと代われ

astraythem_ss9.jpg
お兄ちゃんや博士が解決した先の未来の一つですね

astraythem_ss10.jpg
もう何も恐くない
3章時に海外出張へ行っていた音々さんの旦那です。つまり妻を失っていない博士ですね。妻を失った博士は名前を変えてひっそりと別のところで暮らしてます。

凪九厘 CV:倉田まりや ≪85点≫
くーりんです。クリリンじゃないです。現代だとケバい化粧をしていますが、過去だと大変可愛らしくてツンツンしています。
詳しく明言されていないので憶測ではありますが、恐らく主人公の実母ですね。過去レイプされた際に身ごもったのが主人公なのでしょう。義姉ゲーだと思ったら実母ゲーだったでござるの巻。
astraythem_ss16.jpg

彼女のイベントやえっちシーンは結構特殊ですね。最終的にどういった形で落ち着くか気にはなりましたが、まあ無難なところに落ち着いたかなと。個人的にはもう少し彼女のデレ成分を増やして欲しかったですかね。ツンツンも可愛らしいのですが、やっぱり普段とのギャップを見たいので。

astraythem_ss11.jpg
キマシ

astraythem_ss13.jpg
プロポーションはくーりんの方が上です。

astraythem_ss14.jpg
貴重な浴衣?姿

astraythem_ss15.jpg
デレ最高潮

春日森明乃 CV:雪都さお梨
加々見音々 CV:有栖川みや美  ※この二人のキャラはキャラクタ・声優の総合評価に含めません。


とりあえずサブキャラの二人を軽く。まずは春日森から。
ハイハイ事前NTR乙。このパターンは一番やめて欲しいですね、残念過ぎます。
彼女自身も本当にただの友人キャラといった程度の出番しかありませんので何とも言えませんね。
お兄ちゃん視点だと美々ちゃんの代わりに彼女との交流があるようですが、その点はほとんど描かれておらず、残念です。
どうやらatledに彼女が登場していたらしいですが、記憶にありません。どこに出てきましたっけ??

次は博士の妻であり、美々ちゃんの母親である音々さん。
妊婦ですね、ボテってます。ボテって出産が近いにも関わらず忠告を無視して身体を酷使してまでもお祭りに参加しようとするちょっと困った人です。破水したのは動き回った彼女の自業自得ですね。
モブっぽい彼女の友人も本来は止める立場ですし、病院も簡単に外に出すなよ、とは思います。確かに彼女の思い出の場所なのかもしれませんが、腹の子供よりも優先すべきことなのか、と思いました。この辺りも姉さんの死亡理由と同じく、展開が少々強引な印象を受けました。

③CG・演出 ≪60点≫
立ち絵や遠近感の使い方が大変上手く、臨場感がよく伝わってきました。演出も申し分ありませんので、プレイしていて楽しかったです。BGMや各種OPも耳に残るものが多く、作風にぴったりでした。

しかしながら残念な点が一つ。まあ上でも何度か記載しておりますが、強制オートについてですね。システムに記載するか悩みはしましたが、どちらかというと演出面だと思うのでこちらで。
ちなみにスキップ中ですら問答無用に中断させてしまう、結構厄介なシロモノです。シーンスキップだとさすがに飛ばせはするようです。加えてEDの直前にオートに入る為、サブヒロインEDから本筋EDへと移行する場合強制オートの間隔が短すぎてイライラがマッハです。

重要なイベントをユーザーにしっかりと見せたい気持ちは痛いほど分かりますが、さすがにテンポを殺してしまうのはダメだと思います。ADVは自分のペースでプレイできるのが魅力なのであって、勝手にペースを乱されると不満しか出てこないです。
演出を見せたいのであればユーザーが思わず手を止めてしまい、聞き込んでしまうような、そういった構成や展開へと持っていくべきであり、強制的に押し付けてもその魅力は半減します。

まあ強制オートの是非についてなど議論され尽くしているとは思いますが、いい機会でしたので軽く思ってることを書いてみました。なまじ不満点が無い項目なだけに、惜しいとしか言いようがありません。

④システム ≪70点≫
設定項目に関しては問題はございません。シーンスキップやショートカットキーも設定できます。私は特にいじらなかったのですが、時代別に姉さんのボイスを調整できるようで、細部までしっかりしています。
フロー画面は多少見づらい印象を抱きはしますが、あくまで目安程度に見るものですので、特に問題はないかなと。

気になった点としては、おまけで日常シーンなども見返したりできるのは良いとは思うのですが、えっちシーン内でいくつかに分割されてしまっているのは惜しいなぁと。まあ使う場合は本編内でセーブをすれば問題ないのですけれども。

⑤えっちシーン ≪80点≫
シーン回想枠数
名月(現代)  2枠
名月(1999年) 3枠
名月(1996年) 1枠
美々      1枠
くーりん    2枠

以上となります。おまけでは構図毎に分割されて登録されているので、実際のシーン数を数えてみました。
少なく感じるかもしれませんが、尺はかなりもので構図も1シーン毎に豊富ですので、実用性はかなりのものなのではないでしょうか。

個人的に嬉しかったのが姉さんとくーりんにアナルがあったところですね。特に姉さんは尻コキのおまけ付きという何とも贅沢な構成で、私のドツボでした。臀部も総じて強い傾向にあり、尻ラーの方は必見だと思います。

どうでも良いかもしれませんが、主人公視点の文章だと卑語の文字修正はありませんでしたが、女性のセリフだと文字にも音声にも修正がありましたね。どうせなら卑語修正無しでばっちり決めて欲しくはありましたが、そこまでは高望みというやつですね。



■まとめ
シナリオや演出の一部に不満は残るものの、キャラやえっちシーンは大変素晴らしく、総じて高水準な作品だと思います。
基本的には姉ゲーではありますので、姉好きの方には是非プレイしていただきたいですし、atledとの繋がりもございますので出来れば両方プレイしていただければ更に両作品の魅力が上がると思います。シナリオ面で言えばatledの方が好みですかね。キャラやえっちシーンはダントツでアステリズムに軍配が上がります。atledはとりあえず再プしてアステリズムとの共通点を探ってみたいですね。

とりあえず今回はこの辺りで。では次回投下時に。
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

ている

Author:ている
■お願い
このブログはえっちな内容を含んでおりますので、18歳未満の方はコチラへどうぞ。
また、何かありましたらTwitterや記事のコメント、メールフォームからご連絡お願い致します。

■自己紹介
深夜帯に活動するエロゲーマーです。一部のジャンルを除き、大体何でもプレイできると思います。
また、にわかメタラー及び元ポケ廃なので、そちらの話題にも反応できます。
ちなみにブログ名と記事内容には何の関係もございません。

■ポケモンXYフレコ
1478-4256-4041

■リンク
Twitter
ゲームメーター

■メールフォーム
何かありましたらコチラまでご連絡頂ければと思います。

発売日カレンダー
100%Metal - metal100.com
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示
RSSリンク
応援バナー
『グリザイアの楽園』2013.3.29発売予定 『イノセントガール』2014.2.28発売予定 【ハピメア】応援バナー 真剣で私に恋しなさい!A-2 辻堂さんの純愛ロード 相州戦神館學園 八命陣 応援中! 恋がさくころ桜どき 【サキガケ⇒ジェネレーション!】情報ページ公開中! ものべの - ありす 恋姫シリーズ最新作『戦国†恋姫 ~乙女絢爛☆戦国絵巻~』応援中!
応援バナー
2013年7月26日発売のNavel新作『乙女理論とその周辺』を応援しています! インレ『ChuSinGura46+1 -忠臣蔵46+1-武士の鼓動』 ランス01 光をもとめて ランス9 ヘルマン革命 VenusBloodGAIA 『英雄*戦姫』GOLDを応援しています!
Twitter
検索フォーム
リンク
応援ブランド
▼暁WORKS 暁WORKS ▼あっぷりけ あっぷりけ ▼アリスソフト アリスソフト ▼Innocent Grey Innocent Grey ▼エウシュリー エウシュリー ▼オーガスト オーガスト ▼Key key ▼クロシェット クロシェット ▼TYPE-MOON TYPE-MOON ▼Nitro+ Nitro+ ▼フェイバリット フェイバリット ▼フロントウイング フロントウイング ▼みなとそふと みなとそふと ▼ゆずソフト ゆずソフト ▼light light
訪問者人数
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。