FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『シークレットゲーム CODE:Revise』レビュー

sgcr_pack.jpg
タイトル:シークレットゲーム CODE:Revise
ブランド:FLAT
評価:76点
※評価についてはコチラをご参照下さい。

シークレットゲームシリーズの2作目ですね。前作同様、バトルロワイヤル形式のお話です。
先ほどクリア致しましたので、早速レビューを書いていこうと思います。
※この記事にはネタバレがございますので、ご注意下さい。



■前置き
メイドとチェーンソーが両方そなわり最強に見える
sgcr_ss19.jpg
やはりあのインパクトのあるメイドさんは色々な意味で最高でした。
主人公の前では大変可愛らしい従順なメイド、それ以外の時はチェーンソーを振り回すシリアルキラーとなり、
見た目と相反する性格が大変素晴らしいキャラでしたね。
前作同様登場キャラクタは大変個性豊かな人物が勢ぞろいしており、前作以上のルールが登場したことでゲーム自体の面白さも大幅にアップしておりましたので、大変満足したと言えるでしょう。

懸念であったボリュームについてですが、確かに2エピソードというのは少ない印象を抱きました。
しかしながら両シナリオ共、しっかりとシナリオが書かれており、どちらも引き込まれる構成で大変面白かったですね。
不満点としてはほとんど活躍しなかったキャラの救済や、生存者の幅をもう少し広げるなどしてくれていたら、
文句無しの作品となっていたのではないでしょうか。

①シナリオ・テキスト ≪85点≫
※あらすじに関しては公式サイトをご覧下さい。

あらすじは前作同様、閉鎖空間でのバトルロワイヤル形式ですね。

今作では大きな2つのシナリオで構成されており、初回では1つのシナリオしかプレイできません。
1周クリア後にもう1つのシナリオが開放されるといった形ですので、プレイ順序は完全に固定されております。
両シナリオ間には多少ながら関連があり、双方の伏線を補完しあっている、といったシナリオの構成と言えるでしょう。
また前作以上に複雑となったルールがございますが、気になる方は公式サイトをご覧いただければと思います。

各シナリオの簡単な説明は下記の通りとなります。

・ALONE
初回は強制的にこちらのルートとなります。序盤での司の誘いを断るルートですね。
ヒロイン役は誰なのでしょうか。一番近いのははるなでしょうね。

このシナリオの見所は何といってもセカンドステージ直前のあのシーンでしょう。
間違いなくメインヒロインであった琴美が真っ先に死亡するという、これ以上にないくらいに良いシナリオ展開で大変驚かせていただきました。
琴美が死亡したことにより主人公が冷酷無比のダーク系なキャラへと変貌してしまったのも大変良かったですね。個人的にはこちらの主人公の方が好みだったりします。

また、黒幕ではないのですが裏で糸を引いていたのが大祐というのも中々に悪くない展開でしたね。消去法で大祐しかいないというのは気づいていたのですが、ある意味黒河よりも悪役たり得るキャラで、シナリオとマッチしておりました。
男性キャラが女性キャラを守る為に命を賭ける展開や最後のはるなとの一騎打ち、その後の特殊能力でのどんでん返しなど、二転三転するシナリオで、満足致しました。

・REBEL
2週目に開放されるシナリオです。こちらは司と手を組むルートですね。
ヒロイン役は琴美です。ALONEでは達成できなかった琴美とのいちゃいちゃが見れます。

総合的にはALONEの方が好みではあるのですが、単体でのインパクトはこちらも負けておりません。
初音の暴走や瞳と琴美の決闘シーンなど、こちらも先が読めない見事な構成と言えるでしょう。
琴美と主人公の競合した条件の解決方法に関しては若干無理がある気がしなくもないですが、個人的には悪くないかなと。
ALONEは比較的主人公にスポットが当たっていたのですが、REBELに関しては他キャラクタにスポットを当てたシナリオ構成と言えますね。似たようなシナリオにも関わらずめまぐるしく展開が変わり、全く飽きることなくプレイすることができました。

シナリオの総評としてはほぼ文句は無いのですが、もう少し両EPの生存者に変化が欲しかったかなと。まり子と玲はREBELで殺しておいても良かったのではないかなと。まあ伏線回収の都合上生かさないといけないのですけれども。
また、瞳や結衣、初音などにも救いが欲しいですね。ここはもうボリューム不足の欠点とも言えるでしょう。
今作のリメイク版がVitaで発売していますので、この点に関しては解消されていると思われますが。PC版が待ち遠しいですね。

また、AFTERシナリオもREBELだけではなくALONEにも欲しかったかなと思います。まあ成長したはるなが見たかっただけなんですけれどもね。

後はそうですね、もう少し前作との関連性が欲しかったですね。新規ユーザーが手に取りやすい形と考えればメリットと言えるのですが、もう少し前作キャラの名前や名残などがあっても良かったのではないかなと。
AFTERラストのペンダントに掘られた名前が一瞬前作の文香のことかなと思ったのですが、情報も少ないですし矛盾もありますので何とも言えませんね。

恒例の座談会も、ゲームに則った内容で、大変笑わせてもらいました。黒河や真島のギャップが良かったですね。NGボイス集が無かったのは残念と言えば残念でしょうかね。

私好みのお話で、満足いく読了感ですね。中だるみもなく先が気になるシナリオ構成、登場キャラの設定や立ち位置等、燃えと泣きがうまく調和された作品と言えるでしょう。個人的には名作と呼べる作品だと思います。前作キラークイーンとよく比較される今作ですが、圧倒的にこちらの方が好みですね。
本来なら90点を付けたいところですが、リメイクへの期待も込めて85点とします。

②キャラクタ・声優 ≪72点≫
順位:瞳>はるな>玲>悠奈>初音>結衣>琴美>まり子

・吹石琴美 CV:雪都さお梨 ≪55点≫
主人公の幼馴染で、ALONEでまさかまさかのご退場になる、ある意味最もインパクトのある子です。
常に主人公にべったりと張り付いており、嫉妬深く、いつまでも正妻ヅラしてる困ったヤツです。
良識があり、間違った行動を行いそうになるメンバーをしっかりと説得し、なだめる役割ですね。

見た目は悪くはないのですが、あまり性格が好みではない子ですね。と言うのも四六時中主人公のことばかりですので、さすがに幼馴染キャラだったとしても見ているこちらとしては少々面倒な子だなぁという印象を抱きました。

まあREBELの終盤では中々に良い活躍をしたりもするのですが、あのシーンはどう見ても瞳の引き立て役にしか見えませんし、内容も瞳中心でしたので、一応頑張ってはいたんですけれども、少々活躍が遅すぎたかなと。

しかしながらALONEでは主人公を覚醒?に導いた一番の功労者と言えるでしょうし、あのシーンは今作一番の名シーンですので、どちらにせよ彼女はこのゲームには必要不可欠な存在なのでしょうね。

sgcr_ss.jpg
良いシーンです

sgcr_ss2.jpg
ロリ時代は強い

sgcr_ss3.jpg
衝撃のシーンでした。ここはSSじゃ表現し切れないですね。

sgcr_ss4.jpg
ここの啖呵はかっこよかったです。

・藤堂悠奈 CV:沢村かすみ ≪75点≫
銃の腕前に長けており、常に勝気で頼りになる女の子です。
結衣とは良いコンビではあるのですが、肝心の結衣がアレなので。

その実、彼女はリピーターであり、全員を生存させようと模索する健気な子です。
比較的身体能力が高いのですが、更に上のメイドがいますので、こと戦闘シーンにおいては半端な立ち位置だったかなぁと。
もう少し彼女の特技を生かして敵を翻弄するシーンなどが欲しくはありましたが、残念と言えば残念ですかね。

彼女はメインヒロインを張れるくらいの設定や性格をしているはずなのですが、なぜかどちらのエピソードでも残念な結果に。
しかしながら死亡シーンに関してはALONE、REBEL共に大変素晴らしく、涙溢れる展開でよかったですね。
まあリメイク版ではパッケージを飾っているので、彼女のこれからに期待しておきましょうか。

sgcr_ss5.jpg
銃持ってるとやっぱりかっこいい

sgcr_ss6.jpg
結局どちらのルートでも結衣はかわらず……

・萩原結衣 CV:香山いちご ≪60点≫
ぽっと出てぽっと死んだアホの子です。悠奈との百合シーンが一番の見所だったりします。
sgcr_ss7.jpg

ALONEに関しては大祐にレイプされるという、悲壮感溢れるシーンを演出してくれたりもしたのですが、REBELに関しては黒河に口答えしてあっさりと殺され、その上初音にダシにされるという何とも不憫な展開に。

正直ファーストステージでは中々に好感の持てる子で、悠奈との接点を考えるともう少し頑張ってくれるかなとも思ったのですが、なぜか全く活躍せずに舞台から姿を消す、という残念な結果に。
彼女もリメイク版での活躍に期待致しましょうか。唯一、エクストラステージでの彼女は輝いておりました。
sgcr_ss8.jpg

・阿刀田初音 CV:金田まひる ≪70点≫
見た目は可愛らしいアイドルのロリッ子。しかしながら大祐にレイプされたことにより、シリアルキラーへと変貌します。

ALONEではほとんど活躍しないのですが、REBELでの変貌っぷりは素晴らしかったですね。まさにキラークイーンの名に相応しいキャラクタと言えるでしょう。
最高峰の特殊能力であるQの能力が明かされた時はコイツ誰が勝てるんだとも思いました。しかしながら本人はただの少女なので意外とあっさりで、もう少し粘って欲しかったですね。個人的にはあそこで初音が全滅させるシナリオでも悪くは無かったと思います。

彼女が殺人を犯すシーンが少なめだったのが残念と言えば残念ですね。もっと無双してるシーンとか見たかったです。初音無双まだですか

sgcr_ss9.jpg
konozama

sgcr_ss10.jpg
ロリレイプ

sgcr_ss11.jpg
厨ニ発病

・蒔岡玲 CV:あじ秋刀魚 ≪80点≫
剣術が特異なロリその2です、司とは良いコンビをしてると思います。
弟の敵を討つ為にこのゲームへと参加した経緯を持つ、健気な子だったりします。

彼女自体が活躍するシーンはあまりありませんでしたね。司を改心させるシーンなどは悪くなかったのですが、基本的に周りが彼女を守るために犠牲となる形が多かったので、どちらかと言うと引き立て役に近い立ち位置だと思います。

しかしながら戦闘シーンでは自身の技術を駆使し、瞳と中々の渡り合いをしてくれましたね。チェーンソー相手に刀で切り込むなど、実際にやったら大変なことになりますよね。まあそこはフィクションということで。
sgcr_ss14.jpg

sgcr_ss12.jpg
可愛い

sgcr_ss13.jpg
ぱんつ

・上野まり子 CV:桜川未央 ≪45点≫
うざいBBAです。真島の引き立て役なだけの、ただの金魚の糞です。
まあ彼女のおかげ?で真島の死亡シーンはどちらも素晴らしい名シーンへと昇華致しますので、その点は評価できるでしょうか。
後は彼女のPDAが中々に有用なところくらいでしょうか。間接的ではありますが、REBELラストの琴美の窮地を救いましたので。

AFTERシナリオでは10年後の彼女が見れます。中々に深い立ち位置へとポジションチェンジをしているようですが、いかんせん本編での振る舞いがうざいの一言ですので、コレジャナイ感プンプンでしたね。

・細谷はるな CV:かわしまりの ≪90点≫
序盤ででてきたと思ったら長い間姿を消した、不思議っ子ちゃんです。
その実、主人公の実妹だったりします。お兄ちゃん大好きな子です。

正直ほとんどでてこなかったので、途中まで存在すら忘れてしまいましたが、ALONE終盤で彼女が再登場してからの展開は素晴らしかったですね。ラストで主人公を看取るシーンは涙腺が止まらなかったですね。
sgcr_ss17.jpg

REBELでは大して活躍もせずに失意の元命を落としてしまうのですが、主人公と添い遂げるENDが無かったのは残念といえば残念でしょう。しかし彼女のシナリオはALONEで書ききっておりますので、次回作への望みも薄という、不憫といえば不憫な子と言えるでしょう。まあALONEのAFTER追加という可能性もあるので、期待はしておきましょうか。

sgcr_ss15.jpg
謎パンチラ

sgcr_ss16.jpg
ロリ時代は最強に近い

・粕谷瞳 CV:北都南 ≪95点≫
単体能力ではシリーズ通して最強キャラのメイドさんです。チェーンソーを愛用しています。初音が最凶であるのなら、彼女は最強、といったところでしょうか。盲目的に主人公に忠誠を誓っており、彼の為なら人殺しでも何でも行う、真性のシリアルキラーです。

まあこんな壊れた性格になってしまったのも、壮絶な過去のせいではあるのですが。REBELでの過去回想シーンや死亡直前の彼女の独白は今作屈指の名シーンと言えるでしょう。特に後者は涙腺崩壊モノでした。
sgcr_ss18.jpg

残念ながら彼女は両シナリオ共に死亡してしまうのですが、個人的には最も救いの欲しいキャラと言えるでしょうか。彼女も悠奈と同じくメインヒロインの器を持っているキャラだと思います。

sgcr_ss20.jpg
殺されたい

sgcr_ss21.jpg
かっこいい

続いて男性キャラの感想を軽く。

まずは今作の主人公である、修平君から。
中々に主人公らしい主人公をしていたのではないでしょうか。REBELでは少々ヘタレな部分もありはしたのですが、ALONEではダークヒーロー的な位置付けのキャラへと変貌し、大変私好みの主人公を演じてくれました。
リーダー的な役割を持ち、メンバー全員を纏める若干のカリスマ性を有しております。前作主人公よりも彼の方が好みではありますね。

続いて大祐。よくいるチャラい友人ポジかと思っていたら真性のクズでした。
初音のシリアルキラー化の原因でもあり、結衣を無残に犯し殺してはるなちゃんをも犯そうとした救えないクズです。
そのくせ自分が死に瀕したら掌を返すこの小物っぷりが最高でしたね。REBELではセカンドのトリガーとなってしまいましたが、まあALONEであれだけ色々やらかしたのですから活躍としては十分でしょう。

次は司。きゅんを付けたい見た目と性格をしているのですが少々大人びておりますので私の範囲外の男の子です。
初見では多少鼻に付く嫌味なキャラかと思ったのですが、やる時はやるカッコいいやつです。
玲とのやり取りは見ていて飽きませんし、常に冷静なものの考え方は大変頼りになると思います。第二の主人公とも言えるでしょう。

次は真島。ボクサーです。素手限定なら最も強いのではないでしょうか。あの黒河や瞳相手に負傷しつつも立ち向かうその勇士は感銘を受けましたね。彼の死亡シーンは双方とも素晴らしい出来だと思います。
しかしながら選んだヒロインがまり子という、ちょっと女を見る目が無い残念な人だったりします。まあ年齢差を考慮すればおのずとまり子になるのでしょうけれどもね。

次は黒河。前作の手塚同様分かりやすい悪役です。中の人も同じです。しかしながら手塚のような好感は持てなかったですね。
躊躇なく人を殺そうとするその行動力は評価できる点なのですが、ただ手当たり次第に殺し奪うだけ、という中身の無い行動ですので、ただ単にうざいだけ、という印象ですね。リメイクで彼が活躍するシーンはあるのでしょうかね?

次は充。眼鏡です。もやしです。ジョーカー所持者です。彼はほとんど見所もなく気づいたら殺されているキャラなので何とも。特に悪いことはしていないので、可哀想と言えば可哀想なキャラなのですけれどもね。
結衣と同じくエクストラステージでは大活躍でしたね。

③CG・演出 ≪90点≫

戦闘時の演出やカットイン、絶望感や悲壮感などが大変上手く描かれており、素晴らしかったですね。2ndOPの入り方がこれ以上無いくらいに素晴らしく、クリア条件変更のシーンは背筋がゾクリとしてしまいました。
BGMも前作同様作風にマッチしたものが多く、閉鎖空間の絶望さを演出できていたと思います。
前作では場所が場所なだけに背景の変化が乏しかったですが、今作では森や川、廃村等背景の変化が多種多様で欠点がうまく改善されておりました。

シナリオコンプ後のタイトルに関してですが、正直まぶしすぎて何がなんだか分からないのが残念ではありますね。どうしてこんなにまぶしくしたのか、よく分かりません。

④システム ≪80点≫
前作とは開発エンジンが変わり、文句無いシステムへと進化致しましたね。設定画面に関しては全く問題ありません。

また全員のPDA所持者とクリア条件、死亡者が一覧で確認できるのは大変便利だと思いました。個人的にはそこで特殊能力も確認できればよかったのですが、なぜか特殊能力だけは確認できませんでした。文字数や枠の関係でしょうかね?

気になった点としてはCGや音楽モード一覧のスクロールが若干遅いのと、シーン回想でぱっと見どれがどれか分かりにくいといった点くらいでしょうかね。

⑤えっちシーン ≪55点≫
シーン回想枠数
まり子 1枠
瞳   1枠
琴美  1枠
玲   1枠

以上となります。少ないです、はい。まあ瞳のえっちシーンがあったのは嬉しい誤算ですけれどもね。まり子はいらない。

まあシナリオの展開上えっちシーンを付けにくいキャラは多いとは思うのですが、大祐のレイプシーンくらいはしっかりと描いても良かったのではないかなと思います。初音のちっぱいや結衣のえっちシーンを見たかったです。

と言うのもこのシリーズにおいては和姦よりも強姦の方が映えると思うのです。和姦に関しては結構唐突な印象を抱きましたし、無いよりはマシなのでしょうが、いくらなんでも出会って数日で和姦えっちというのは違和感があります。
逆に強姦であれば、場所が場所ですし展開的にも違和感無くえっちシーンを挟めますので。せっかくのレイプ目がこれでは勿体無いです。

ちなみに尺に関しては結構しっかりとしており、差分も割と多いほうですので、単体として見れば中々に有用なえっちシーンだと思います。絵に関してもまあ年代的なものもありますが前作よりかは使用できるのではないかなと。



■まとめ
前作同様、ちょっとした行動の違いでその後の運命が大きく変化するシナリオ構成は大変素晴らしかったですね。諸所にある名シーンや泣き所も多数あり、よくこのボリュームでここまで盛り込んだなと拍手を送りたいです。

まあ掘り下げ切れてないキャラが多数おり、消化不足というのもありはするのですが、そこはリメイク作に期待しておきましょうか。さすがにVitaを購入してまでプレイしたいとは思いませんが、PC版が発売されたら購入するのではないかと思います。

なぜか不満の声が多い今作ですが、個人的には久々に名作と呼べる作品に出会えました。個人的にボリューム不足というよりはサクサクプレイできる、という認識ですね。まあ平均出すと70点代止まりではあったりもするのですけれどもね。

過去作プレイ済みの方はもちろん、今作からプレイしていただいでも全然問題ありませんので、是非皆様に触っていただきたい作品ですね。

ではまた、次回投下時に。
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

ている

Author:ている
■お願い
このブログはえっちな内容を含んでおりますので、18歳未満の方はコチラへどうぞ。
また、何かありましたらTwitterや記事のコメント、メールフォームからご連絡お願い致します。

■自己紹介
深夜帯に活動するエロゲーマーです。一部のジャンルを除き、大体何でもプレイできると思います。
また、にわかメタラー及び元ポケ廃なので、そちらの話題にも反応できます。
ちなみにブログ名と記事内容には何の関係もございません。

■ポケモンXYフレコ
1478-4256-4041

■リンク
Twitter
ゲームメーター

■メールフォーム
何かありましたらコチラまでご連絡頂ければと思います。

発売日カレンダー
100%Metal - metal100.com
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示
RSSリンク
応援バナー
『グリザイアの楽園』2013.3.29発売予定 『イノセントガール』2014.2.28発売予定 【ハピメア】応援バナー 真剣で私に恋しなさい!A-2 辻堂さんの純愛ロード 相州戦神館學園 八命陣 応援中! 恋がさくころ桜どき 【サキガケ⇒ジェネレーション!】情報ページ公開中! ものべの - ありす 恋姫シリーズ最新作『戦国†恋姫 ~乙女絢爛☆戦国絵巻~』応援中!
応援バナー
2013年7月26日発売のNavel新作『乙女理論とその周辺』を応援しています! インレ『ChuSinGura46+1 -忠臣蔵46+1-武士の鼓動』 ランス01 光をもとめて ランス9 ヘルマン革命 VenusBloodGAIA 『英雄*戦姫』GOLDを応援しています!
Twitter
検索フォーム
リンク
応援ブランド
▼暁WORKS 暁WORKS ▼あっぷりけ あっぷりけ ▼アリスソフト アリスソフト ▼Innocent Grey Innocent Grey ▼エウシュリー エウシュリー ▼オーガスト オーガスト ▼Key key ▼クロシェット クロシェット ▼TYPE-MOON TYPE-MOON ▼Nitro+ Nitro+ ▼フェイバリット フェイバリット ▼フロントウイング フロントウイング ▼みなとそふと みなとそふと ▼ゆずソフト ゆずソフト ▼light light
訪問者人数
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。