FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ハピメア』レビュー

hapymaher_pack.jpg
タイトル:ハピメア
ブランド:Purple software
評価:79点
※評価についてはコチラをご参照下さい。
先ほどハピメアをコンプ致しましたので、レビューを書かさせていただきます。
プリコレと並んで今月のWおっぱいゲーですね。
※この記事にはえっちな画像及びネタバレがございますので、ご注意下さい。



■前置き
ロケットおっぱいぼーん!!!
さすが克さんですね。この人の描くおっぱいは最高にロケットしてます。
基本的には巨乳の方が映えるのですが、さすがといったところでしょうか。貧乳も変わらずおいしそうですね。
もちろんおっぱいだけではなくふとももやお尻もナイスでしたね。
また未来ノスタルジアでは二人の絵師の差が結構あったのですが、今回はそれが少なく、違和感なく楽しめました。

気になる点としては舞亜のえっちシーンが少なかったことでしょうか。シナリオ上仕方ないのかもしれませんが、せめてもう1枠くらいは入れてもよかったのではないかなと思います。

①シナリオ・テキスト ≪70点≫

※あらすじに関しては公式サイトをご確認下さい。

いわゆる明晰夢に日々悩まされている主人公が、夢の中で昔死んだはずの舞亜と再開したところから始まります。
周りの友人達をも巻き込んでいき、次第に夢が現実にまで影響を及ぼしていき、それを止めるために主人公は奮闘する、といったお話ですね。

シナリオの構成は全8話で、幕間扱いのインタールードが3話ほど要所々々に挟まる、といった構成です。個別ルートと呼べるものは最後の8話のみであり、他は各ルートによって展開が多少違うものの、基本的には同じシナリオですね。
こう見ると個別が短い印象を抱きがちですが、案外シナリオ自体のボリュームはあるほうで、特に気にすることなくプレイできました。
しかしシナリオの都合上仕方ないのですが、舞亜ルートだけはかなり短かったですね。一応エンドクレジットが流れるもののエピローグは無く、BAD扱い的な感じで終わってしまったのは残念でした。
まああそこでエピローグをつけるのは難しいとしても、他にいくらでも追加できる要素はあったと思います。舞亜にはかなり期待していたため、そこは非常に残念でしたね。舞亜ルートがしっかりしていたのであれば+5点くらいにはなったのではないでしょうか。

グランドルート的な扱いだったのは有栖ですね。こちらは全ての謎が解決し、大変綺麗な終わり方をしています。

ただまあ他ルート(舞亜以外)が全て夢だった、という扱いになってしまったのは少々残念といったところでしょうか。
一応有栖ルートでは他ルートで目が覚めて現実に戻った後(つまりエピローグ前後)の記憶を主人公が持っていないうえ、目が覚めた時点で世界が枝分かれし並行世界が生まれた、というセリフがございますので、もしかしたら夢として片付けるのは間違っているのかもしれませんが、詳しく明言されていないため、なんとも言えませんね。

hapymaher_ss.jpg
ここの部長のセリフですね。確かに夢と断ずるには悲しいです。

一応各個別のお話にはモチーフの童話があります。

有栖:不思議の国のアリス
咲:眠れる森の美女
景子:ピーターパン
部長:吸血鬼?
舞亜:ヘンゼルとグレーテル?


部長と舞亜以外は一応文章中で明言されています。
吸血鬼って童話なんですかね。一応ロシアにあるらしいですが、映画の方を思い浮かべます。
舞亜ルートに関してはどの童話なのかよく分からなかったですね。一番近いのはぱっと思い浮かんだ中ではヘンゼルとグレーテルでした。共通点としては森とお菓子と兄妹といった点くらいですが。

また攻略順としてはシナリオロックがかかっている為、舞亜か有栖を最後に回すことになるでしょう。読了感を求めるのであればやはり有栖を最後に回すのが良いですが、個人的には舞亜でも悪くはなかったりします。

(部長 or 景子)→咲→舞亜→有栖

コレが無難です。部長か景子なら景子を先にするべきでしょうかね。まあこの二人はどっちが先でも良いです。

またテキストに関してですが、地の文が若干読みにくい印象を受けました。始めは主人公と文字色が被っているせいなのかとも思いましたが、そうではなかったですね。恐らく文章量に対しての情報量が少ないため、変に読みにくい印象を受けたのかなぁと。

後は卑語についてですが、文字に関しては修正がありませんでした。音声にはありましたね。音より文字の方が規制が緩いのでしょうか。

②キャラクタ・声優 ≪80点≫
順位:舞亜>咲>(とおるちゃん)>有栖=有子>弥生>景子>(朝日)>(高原さん)

・鳥海有栖
・鳥海有子 CV:北見六花 ≪75点≫

一応メインヒロインです。実は全ての元凶だったりします。有栖と有子は≒ですのでまとめて紹介します。見た目も性格も有子の方が好みだったりします。
正直シナリオ補正を抜いて有栖単体で見ればメインの中では一番弱いのですが、最終的にはこの位置に。

まあ名前からモチーフの童話はすぐ分かりましたし、世界観を考慮すると元凶である可能性は比較的早めに予想ついてはいました。
しかしグランドルートの展開はかなり良かったですね。100%ハッピーエンドとは言えないのですが、いい感じに纏めたなと思います。

このシーンはかなりクルものがありましたね。一気に有栖の評価が上がりました。
hapymaher_ss2.jpg

最終的に有栖は有子として再会するのですが、オッドアイになっていたシーンはかなり良かったですね。この〆方はかなり上手いと思いました。

hapymaher_ss3.jpg
この有栖が一番可愛いですね。オッドアイ強し!!

・内藤舞亜 CV:遠野そよぎ ≪95点≫
裏のメインヒロインと言ったところでしょうか。主人公の実妹です。ロリロリしいです。若干病んでいます。
見た目も性格も最強に近い実妹なのですが、いかんせん扱いが残念です。シナリオの展開上どうしてもハッピーエンドには持っていけないのは当然なのですが、もう少し救済措置的なものがあってもよかったのかなと。

と言っても舞亜ルートのラストシーンは必見ですね。舞亜を選ぶと森から抜けることができないBAD的な扱いなのですが、個人的には一番見所のあるシーンだと思います。
hapymaher_ss4.jpg

後はやはりえっちシーンがもう少し欲しかったですね。せっかく制服を着るシーンがあるのに、制服えっちが無いのは残念です。
公式にあるストラップには制服えっちの姿があったので、期待していたのですが。これはもうストラップを作るしかないのか…!

余談ですが、舞亜の立ち絵が逆さまになるところは笑ってしまいました。
hapymaher_ss5.jpg
逆さ舞亜(コレが言いたかっただけ)

・蓮乃咲 CV:青山ゆかり ≪90点≫
安定のゆかりです。妹ポジションですね。若干と言うか大分お兄ちゃんスキスキーな子ですね。
個人的には透ちゃんという呼び方より兄さんの方が好みではありますね。

シナリオとしてはグランドルートへの布石、といったところでしょうか。この世界の裏には舞亜以外の何かがいる、とその存在を匂わせるような展開や終わり方でしたね。それの都合上、最初にプレイしてしまうと景子ルートや弥生ルートで若干物足りなさを感じる可能性があります。

また、舞亜と過ごした頃や、あの森から出た後のことがほんの少しだけ描かれます。ここで主人公を兄と呼び始めたきっかけが分かりますね。健気な子です。

hapymaher_ss6.jpg
ロリロリしい!! この頃の二人との3Pはないんですかね。

・弥生 B ルートウィッジ CV:風音 ≪73点≫

えっちぃ金髪おねーさんです。バニー! 高性能なロケットを二つお持ちしておりますね。今作一番のおっぱい担当。
個人的には主人公と初めて出会った際の黒髪の方が好きだったりします。

おっぱい担当が故なのか、やたらとおっぱいを強調した立ち絵や一枚絵が多かったですね。かなーりえろっちいです。
hapymaher_ss7.jpg

シナリオとしては主人公と離れたくが無いために舞亜の能力を取り込み、夢を支配しようとします。若干クズ入ってます。
まあ動機としてはそれだけではないのですが、個人的にはなんか安っぽい理由だなぁと思いました。正直個別の部長はかなりわがまま過ぎるのであまり好きではなかったりします。他ルートや共通だと良い感じのムードメーカーに徹してくれたりもするのですがね。

・平坂景子 CV:青葉りんご ≪70点≫
結構な毒舌ですね。歌とかギター弾くのが趣味だったりします。後中々に貞操観念が低かったりします。まあそれは他のキャラにも言えることなのですが。

正直初見では大して興味のなかった子なのですが、ふたを開けてみるといい感じでツンデレでしたね。やはりりんごりんにはツンデレキャラが似合っていると思います。

裸ワイシャツはかなり強いですね。結構明け透けな性格の景子とも相まって、更に魅力が増しております。
hapymaher_ss8.jpg

シナリオはやはり父親との確執でしょうね。今まで父親に対しては何も出来なかった景子が、最終的に向き合えるようになる、一種の成長物語といったところでしょうか。個人的には最もモチーフのピーターパンを感じさせるようなお話だと思いましたね。

ちっくたっくちっくたっく♪

・朝日 D ルートウィッジ
・高原みあ
・内藤透(TS化)     ※この3人はキャラクタ・声優の評価に含めません。

続いてサブキャラの感想を。まずは部長の妹の朝日ちゃんから。

まさかまさかの事前NTRで残念すぎました。既に付き合っている、という展開はFD的に見ても攻略の可能性がほぼ無いので、辞めてほしかったですね。どうしてこんな可愛い子があんなのと付き合っているのでしょうか。甚だ疑問です。
後はもう少し部長の妹であるという点をプッシュして欲しかったですかね。部分的にはあるのですが、もう少し表に出してもよかったのではないでしょうか。

hapymaher_ss9.jpg
ローキックは食らってみたいです。

次は高原さんですね。見た目や性格とは裏腹に可愛い名前の持ち主です。みあちゃんとか呼んでみたいです。
気になった点としてはえっちシーンでしょうか。シーンそのものは悪くないのですが、それの入り方が結構強引で、取ってつけたような感じでしたので、本当にただのエロ回収としか思えなかったです。
個人的には高原さんに1枠割くくらいであれば、舞亜をもう1枠増やすべきだったと思いますね。

さて最後に、この子を評価するべきか悩んだのですがくっそ可愛いので一応。女体化時の主人公ですね。通称とおるちゃん。
hapymaher_ss10.jpg
おっぱいぼいーんで髪が長くなりますね。かなり舞亜に似ていると思います。個人的には女体化状態でのえっちシーンが欲しかったですね。舞亜との姉妹丼とかもアリだったんじゃないかなと思います。せめてオナニーシーンは欲しかった……。
正直見た目だけで判断するのであれば、舞亜に次ぐ可愛さだと思っております。

③CG・演出 ≪75点≫
CGに関してはさすがといったところでしょうか。素晴らしく綺麗ですね。未来ノスタルジアほど絵師の差を感じなかったのも良い点でした。演出も申し分なかったですね。後ろ向きの立ち絵やコロコロ変わる表情など見ていて飽きなかったです。

気になった点としてはやたらと謎パンチラが多かったところでしょうか。シリアスシーンにも余裕でパンチラを入れてくるので、かなりシュールで気になりましたね。

hapymaher_ss11.jpg
正直この有栖のパンモロはやりすぎだと思います。色気もなにもあったものじゃありません。隠すべきところは隠し、見せるべきところで見せるのが一番良いと思いますね。

④システム ≪90点≫

システム面に関しては全くと言っていいほど文句はありませんね。むしろ設定できることが多すぎて若干分かりにくいと思ったくらいです。ジェスチャー機能はどうなのでしょうかね。私個人としては嫌いなので使わなかったのですが、便利そうですね。

まあシステム面に関しては開発エンジンによるところがありますので、他メーカーもコレと同じエンジン使えばいいんじゃないかなとか思ったりもします。個人的には戯画開発のあのエンジンに次ぐくらいにはこのシステムは好きです。
まあさすがにどのメーカーも同じだと変だと思いますが。

⑤えっちシーン ≪80点≫

シーン回想枠数
有栖 4枠
咲  4枠
部長 4枠
景子 4枠
舞亜 2枠
高原さん 1枠

以上となります。卑語は文章のみ修正無し。実用性はかなり高いと思います。安定のロケットおっぱいですので。
また別視点でのカットイン演出はかなり良い手法だと思いますね。アングルによっては肝心なところが見えなかったりするのは多々あるのですが、それが解消されているのはかなり評価できます。抜きゲーメーカーはこれを義務付けたら実用性は跳ね上がると思います。
逆にダメだった点としてはやはり舞亜の枠数でしょう。せめてもう1枠欲しかったですね。制服えっち追加パッチはよ。
TS化した主人公との百合シーンも欲しかったです。なぜないのか。なぜそこで男に戻った。
あとはそうですね、世界観の主軸が夢ですので、仕方ないと言えば仕方ないのですが無駄に貫通式が2回あったり、結局実際にえっちしたのは1回だけだったり、なんとも不満のある構成ではありました。逆に言えば夢であるが故にもっと色々できたのではないかなぁと思います。えっちシーンの構成のみで言えば未来ノスタルジアの方がよかったですかね。
どうせサブにえっちシーンをつけるのであれば高原さんだけじゃなくて朝日と有子にもください。おながいします。
後アナル成分が無いです。この絵でアナルがあれば最高だと思うのですがね……。

絵やえっちシーンの演出がなまじ良いだけに、不満点がかえって目立ってしまいましたね。

さてここでロケットの魅力をいくつか紹介したいと思います。克さんの絵ばかりになってしまうのはご了承くださいませ。

hapymaher_ss13.jpg
重力への反逆

hapymaher_ss12.jpg
急な方向転換にも対応できます

hapymaher_ss14.jpg
小型ロケットも搭載済み



■まとめ
シナリオやえっちシーンの粗をキャラやシステムで補っている作品となるでしょう。粗と言うよりも単純に舞亜成分が足りないせいなのですがね……。
シナリオなら未来ノスタルジア、キャラならハピメア、といったところでしょうかね、個人的にですけれど。
まあ舞亜に期待しすぎると若干痛い目を見る可能性があるのですが、シナリオとしてはかなり良い出来ですし、演出などにも力を入れており、大変オススメできる作品だと思います。とりあえず公式サイトを見ておっぱいに惹かれたら即買いしても良いくらいにはおっぱいです。( ゚∀゚)o彡°おっぱい!おっぱい!
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

ている

Author:ている
■お願い
このブログはえっちな内容を含んでおりますので、18歳未満の方はコチラへどうぞ。
また、何かありましたらTwitterや記事のコメント、メールフォームからご連絡お願い致します。

■自己紹介
深夜帯に活動するエロゲーマーです。一部のジャンルを除き、大体何でもプレイできると思います。
また、にわかメタラー及び元ポケ廃なので、そちらの話題にも反応できます。
ちなみにブログ名と記事内容には何の関係もございません。

■ポケモンXYフレコ
1478-4256-4041

■リンク
Twitter
ゲームメーター

■メールフォーム
何かありましたらコチラまでご連絡頂ければと思います。

発売日カレンダー
100%Metal - metal100.com
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示
RSSリンク
応援バナー
『グリザイアの楽園』2013.3.29発売予定 『イノセントガール』2014.2.28発売予定 【ハピメア】応援バナー 真剣で私に恋しなさい!A-2 辻堂さんの純愛ロード 相州戦神館學園 八命陣 応援中! 恋がさくころ桜どき 【サキガケ⇒ジェネレーション!】情報ページ公開中! ものべの - ありす 恋姫シリーズ最新作『戦国†恋姫 ~乙女絢爛☆戦国絵巻~』応援中!
応援バナー
2013年7月26日発売のNavel新作『乙女理論とその周辺』を応援しています! インレ『ChuSinGura46+1 -忠臣蔵46+1-武士の鼓動』 ランス01 光をもとめて ランス9 ヘルマン革命 VenusBloodGAIA 『英雄*戦姫』GOLDを応援しています!
Twitter
検索フォーム
リンク
応援ブランド
▼暁WORKS 暁WORKS ▼あっぷりけ あっぷりけ ▼アリスソフト アリスソフト ▼Innocent Grey Innocent Grey ▼エウシュリー エウシュリー ▼オーガスト オーガスト ▼Key key ▼クロシェット クロシェット ▼TYPE-MOON TYPE-MOON ▼Nitro+ Nitro+ ▼フェイバリット フェイバリット ▼フロントウイング フロントウイング ▼みなとそふと みなとそふと ▼ゆずソフト ゆずソフト ▼light light
訪問者人数
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。